iPhoneを落としてしまった!落下によって起こる不具合を解説。

「iPhoneをうっかり落としてしまったけど、大丈夫かな…」

「落下してから、iPhoneの動作がおかしい…」

そんな悩みを抱えてはいませんか。

iPhoneを落下させてしまうと、本体の破損や故障はもちろん、中のデータも心配になってきますよね。

iPhoneは精密機械ですので衝撃には弱く、実際に故障のほとんどが落下によるものです。

この記事では、iPhoneが落下した時に考えられる影響について、詳しく解説します。

こちらを読めば、もうiPhoneを落としてしまっても、落ち着いて対処できますよ。

iPhoneの落下で発生する不具合

まずは、iPhoneを落としてしまった時に、よく発生する不具合を紹介します。

画面割れ

iPhoneの画面は、強化ガラスでできています。

「強化」と名前が付いていますが、硬い地面に落下させてしまうと、簡単に割れます。

ガラスが割れてしまうと、画面が見づらくなったり、表示がおかしくなったりします。

また、割れ目から汗や水分、細かなホコリが入り込みやすくなりますので、内部の故障に発展することも。

さらに、ガラス・液晶・タッチ機能は一体型のパーツですので、画面の破損によってタッチ機能が失われると、操作もできなくなります。

大切なiPhoneのデータを守るためにも、画面割れは放置せず、すぐにバックアップしてから修理に持ち込むのがいいでしょう。

カメラレンズ

iPhoneの背面カメラは、上方の角に位置しています。

そのため、角から落としてしまうことで、衝撃の影響を受けやすいパーツです。

また、近年のカメラは背面から飛び出しており、落下によってレンズが割れやすい傾向にあります。

落下でレンズが割れなかったとしても、カメラ自体に衝撃が加わることで、以下の症状が発生してしまう可能性があります。

・カメラが全く映らず、画面が真っ暗

・ピントがブレてしまう、被写体がぼやける

・カメラアプリを起動すると、なぜかiPhone自体の再起動がかかる

レンズの割れ、カメラの不具合のどちらについても、持ち込み修理が必要です。

バッテリー

画面、カメラレンズともに、一見、影響がなさそうだったとしても、内部には衝撃によって影響が出るパーツがあります。バッテリーもその1つです。

バッテリーは、実は比較的やわらかくできており、落下によって内部で変形してしまうこともあります。

バッテリーが変形したままiPhoneを使い続けると、充電能力の低下や、バッテリーの膨張で、徐々に他の部分にも影響を及ぼします。

これを放置すると、液晶の破損や、最悪の場合、破裂や発火などに発展してしまうことも。

少しでもおかしいと気づいたら、一度、修理店に相談してみましょう。

基盤

iPhoneの内部には、電子回路が組み込まれた「基盤」という部品があります。

この基盤も、落下によって破損することがあり、iPhoneが起動しなくなったり、操作ができなくなったりすることがあります。

基盤の故障は修理ができず交換となりますが、その際、中のデータも消えてしまいます。

したがって、常日頃からの定期的なバックアップをおすすめします。

そのほかにも、充電ケーブルを差したまま、ケーブルを引っ掛けて落下してしまい、ライトニングケーブルのコネクタが破損するケースもあります。

iPhoneを落下から守るためには

では、万が一iPhoneを落としてしまった時でも、被害を最小限に食い止める、あるいは落下自体を防ぐ対策を、紹介しましょう。

ケースに入れる

落下による衝撃から、iPhoneを守る手段として有効なのが、ケースの装着です。

iPhoneには、純正品をはじめ、さまざまなケースが販売されています。

特に、シリコンやTPUなど、比較的やわらかな素材のケースには、衝撃吸収の性能が備わっており、落下しても被害を軽微に済ますことができるでしょう。

また、液晶画面に貼付するフィルムも多数そろっており、衝撃吸収を謳う商品もあります。

こちらもケースと合わせて活用し、画面側も保護しましょう。

フィルムは画面が拭きやすくなりますし、ブルーライトをカットするものもありますので、利便性という観点からもおすすめです。

ストラップを付ける

残念ながら、iPhoneにはストラップを取り付けできません。

しかし、ストラップホールがあるケースや、ストラップ自体が付いているケースが多数、販売されています。

iPhoneにストラップを付けたい場合は、それらのケースを購入しましょう。

ネックストラップで首から掛けておけば、落下自体を防ぐことができますよ。

スマホリングを付ける

iPhoneの落下を防ぐ対策として、もう1つ有効な手段が「スマホリング」の装着です。

背面に装着して、使っている時は常に指に引っ掛けておくことで、うっかり落下を防止できます。

商品には、ベルトバンドで複数の指を入れられるもの、リングがシリコン製のものなど、さまざまな種類がありますので、自分に合ったものを選択しましょう。

故障した場合には修理店へ

画面割れやカメラレンズの破損、バッテリーの不具合など故障が起こった場合には、、修理店へ持っていきましょう。

たとえば画面割れの場合は、本体はそのままでディスプレイのみを交換してくれます。

赤羽駅付近でiPhoneの画面修理をするなら、JR赤羽駅から徒歩1分の距離にあるアピレ赤羽内の修理ショップがあります。ショップでは、最新の「iPhone12」をはじめとする、歴代モデルの修理を取り扱っています。

カメラについても、レンズガラスの交換はもちろん、内部ユニットの交換も可能。

修理にかかる時間は、店舗や修理するiPhoneの状態にもよりますが、最短30分から1日ほどです。

なお、駅周辺には定番の「スターバックスコーヒー」をはじめ、さまざまな産地の豆を取り扱う「やなか珈琲店」や、レトロな雰囲気の「友路有」など、人気のカフェがそろっていますので、修理の待ち時間で立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、iPhoneが落下した時に考えられる影響について、詳しく解説しました。

iPhoneが落下すると、カメラや画面が割れてしまうほか、バッテリーや基盤など、内部にも影響が出てしまうことが分かりましたね。

内部の破損は、バッテリーの破裂など、時に人体に被害を及ぼすような、重大な事故の発生にもつながります。

落下してしまった後に、少しでもおかしいと感じたら、迷わず修理店で見てもらいましょう。