【2021年10月】最新機種iPhone13シリーズ発売!モデルごとの違いと、iPhone12からの変更点を解説

「iPhone13が発売されたけど、どの機種を買おうか迷っている……」

「12と見た目はそんなに変わってないけど、最新機種のメリットってあるの?」

そんな悩みや疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

2021年9月24日(金)に販売がスタートした、最新機種のiPhone13シリーズは、ディスプレイの大きさやカメラの性能によって、4つのモデルに分かれています。

確かに、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

この記事では、iPhone13シリーズのラインナップと12シリーズからの変更点、そして最新機種を選ぶメリットについて、詳しく解説します。

これを読めば、最新機種への買い替えやモデルの選定に悩むこともなくなるかもしれません。

iPhone13シリーズのラインナップ

今回、新しく発売されたiPhone13シリーズは、4つのモデルがラインナップされています。

まずは、それぞれのモデルの特徴を紹介しましょう。

iPhone13 mini

●5.4インチ  ●デュアルカメラ  ●131.5×64.2×7.65mm  ●140g  ●86,800円〜

iPhone13 miniは、シリーズ最小のモデルです。

画面の隅々まで親指が届くサイズ感で、軽量ということもあり、手の小さな方でも片手で楽に操作できるのが特徴となっています。

背面カメラは、通常の「広角レンズ」に加え、被写体に寄りながら周辺の景色まで広く撮影できる「超広角レンズ」の2つを装備しています。

ただし、サイズがコンパクトな分、ゲームや動画視聴には少し不向きかもしれません。

できるだけ軽く、取り回しやすいiPhoneをお求めの方におすすめしたいモデルです。

iPhone13

●6.1インチ  ●デュアルカメラ  ●146.7×71.5×7.65mm  ●173g  ●98,800円〜

iPhone13は、シリーズにおけるスタンダードなモデルです。

サイズが中間に位置している上、重量も180gを切っており、誰でも快適に使用することができます。

6.1インチディスプレイは、iPhone13 miniより表示できる情報量が多く、画面が大きい分、横向きで楽しむゲームや動画の臨場感も違ってきます。

側面の仕上げは、miniと同様にアルミフレームであり、とても落ち着いた印象です。

迷ってしまったら、当モデルを選択すれば失敗しないでしょう。

iPhone13 Pro

●6.1インチ  ●トリプルカメラ  ●146.7×71.5×7.65mm  ●203g  ●122,800円〜

iPhone13と同じ、6.1インチディスプレイを持つモデルです。

最大の違いは背面カメラの数であり、広角、超広角に加えて「望遠レンズ」を装備するトリプルカメラ仕様となっています。

iPhone13もデジタルズームが搭載されていますが、どうしても画像が荒くなってしまいがちです。

しかし、望遠レンズがあれば、遠くの被写体もきれいに撮影ができるのです。

暗い場所でカメラ性能が高まる「LiDARスキャナ」を備えるのも、Proシリーズのみ。

また、Proシリーズの仕上げは、光沢感のあるステンレスフレームとなっており、アルミフレームのiPhone13とは一線を画す、腕時計のような高級感が魅力です。

大きさもiPhone13と同一ですが、素材の違いで重量は200gを超え、やや重たい印象となります。

iPhone13 Pro Max

●6.7インチ  ●トリプルカメラ  ●160.8×78.1×7.65mm  ●238g  ●134,800円〜

iPhoneの歴史において最大のディスプレイを持つ、iPhone13 Pro Max。

シリーズ中、一番ハイスペックであり、端末のサイズが大きい分、搭載されるバッテリーも大きく、連続動作時間も長めです。

とにかく大きな画面で、さまざまなコンテンツを楽しみたい、という方にピッタリのモデルとなっています。

もちろん、望遠レンズを含むトリプルカメラと、LiDARスキャナも備えています。

一方で、大きいディスプレイに加えて重量もあり、片手での操作は困難です。

基本的には、両手で操ることになるでしょう。

心配な方は、量販店などで実際に操作感を確かめてから、購入したほうが無難です。

また、Proシリーズは、iPhone史上初めて、1TBモデルが選択できるようになりました。

iPhone12からiPhone13の変更点

次に、前モデルからの変更点を見ていきましょう。

大きな変更点は「最新のプロセッサ」「カメラ性能アップ」「本体の形状」の3点です。

最新のプロセッサ「A15 Bionic」

「SoC(システム・オン・チップ)」と呼ばれる、独自の心臓部を搭載するiPhone。

iPhone13には、iPhone12の「A14 Bionic」より進化した、「A15 Bionic」が採用されています。

処理能力が向上した一方で、消費電力は少なくなっており、バッテリーの持続時間は、iPhone12シリーズと比較して長く改良されています。

カメラ性能の向上

iPhone13シリーズの背面カメラは、手ブレ補正機能が性能アップ。

「センサーシフト光学式手ブレ補正」を、全機種で標準装備しています。

動画撮影においても、「シネマティックモード」と呼ばれる、被写体に合わせて自動でピント調節をする機能が追加されています。

さらに、iPhone13 Proシリーズでは、望遠レンズの光学ズームインが2倍→3倍(MAXは2.5倍→3倍)に向上しており、加えて全てのレンズでナイトモードの撮影が可能です。

筐体の変更点

本体の形状にも、変更が入っています。

まず、前面カメラがあるディスプレイ上部の切り欠き、「ノッチ」が20%小さくなりました。

そして、12シリーズと比べて、全体的にほんの少し厚くなり、10g前後、重くなっています。

背面側では、12シリーズと並べてみると、全てのモデルでカメラが大型化していることが分かります。

レンズ部の盛り上がりも、iPhone13のほうが高くなりました。

新色も追加されています。

標準モデルには、光沢感のある白色の「スターライト」と、淡い「ピンク」、そしてProモデルでは、淡い青色の「シエラブルー」が登場しました。

なお、カメラの大きさに加え、音量ボタンの位置もズレており、12シリーズのケースは全てのモデルで利用できません。

さらに、iPhone12とiPhone12 Proではお互いにケースを装着できましたが、iPhone13シリーズでは不可能となっていますので、合わせてご注意ください。

最新機種を選ぶメリット

最後に、購入を迷われている方に向けて、最新のiPhone13シリーズを選ぶメリットを解説しましょう。

重いアプリも快適に動作

13シリーズは、全てのモデルで最新のプロセッサとなる「A15 Bionic」が採用されました。

これによって、12シリーズよりさらに処理能力が向上しており、最新の3Dゲームですらカクつきは起きず、サクサクと動作します。

どんなアプリでも快適に使えますので、何一つ不自由はないでしょう。

その一瞬の思い出を、よりきれいに残せる

13シリーズは、カメラの性能も一段と向上しました。

これによって、大切な人と過ごすシーンやお気に入りの風景を、非常にきれいな写真・映像で残せるようになります。

その瞬間の思い出は、今しか撮影できません。

後からお金を出しても、手に入れることは不可能なのです。

特に、小さなお子さんがおられる方は、その瞬間を捉えることができるのは今だけ。

子どもはとにかくよく動きますが、Proシリーズでは、望遠レンズのズームインが3倍に強化されましたので、より遠くからでも、自然な写真・映像が撮影できるようになりました。

「買い替えておけばよかった」と後悔しないよう、ぜひ最新モデルを選んで、その一瞬の思い出をきれいに残していきましょう。

バッテリーの持続時間が長い

13シリーズは、省電力のプロセッサを採用しており、バッテリーの持続時間が長くなっていることもメリットです。

公式サイトから、負荷がかかる「ストリーミングビデオの連続再生時間」をピックアップして比較すると、iPhone12 Proは「最大11時間」ですが、iPhone13 Proは「最大20時間」になりました。

標準モデルでも、iPhone12が「最大11時間」のところ、iPhone13では「最大15時間」と、バッテリーの持続時間が飛躍的に増えています。

最新シリーズを選べば、自宅はもちろん、出先においても1日中、充電を心配することなく安心して使えますね。

まとめ

以上、iPhone13シリーズのラインナップと12シリーズからの変更点、そして最新機種を選ぶメリットについて、詳しく解説しました。

より高性能となって発売された、iPhone13シリーズ。

12シリーズと比較すると、マイナーアップデートと捉えがちですが、カメラ性能とバッテリー持続時間の向上によって、さらに利便性が高くなっています。

ぜひ、この記事を参考に、ご自身のライフスタイルに合わせて、最適なモデルを選択してくださいね。