iPhoneのバッテリーの減りが早い?劣化のサインと寿命を延ばす方法を解説。

「以前に比べて、iPhoneの充電が持たなくなってきた…」

「なぜか突然、iPhoneがシャットダウンするようになってしまった…」

そんな症状で悩まれてはいませんか。

お悩みの症状は、バッテリーの寿命によって起きているのかもしれません。

実は、充電式のバッテリーは消耗品であり、経年劣化によって性能が低下します。

この記事では、iPhoneのバッテリー交換のサインと、バッテリーの寿命を延ばす方法について、詳しく解説します。

iPhoneのバッテリー劣化のサイン

まずは、iPhoneのバッテリーが寿命に近づいた時に起きるサインを、紹介しましょう。

バッテリーの減り方が早い

バッテリーの減り方が早くなるのは、劣化のサインです。

100%までしっかり充電したにも関わらず、以前と比べてバッテリーの減りが早いと感じたら、それはバッテリーの寿命かもしれません。

充電に時間がかかる

iPhoneのバッテリーは、およそ500回の充電で寿命となります。

以前に比べて、充電に時間がかかるようになった場合、バッテリーの劣化が考えられます。

アプリの起動に時間がかかる

Appleによると、バッテリーの劣化によって、iPhoneのパフォーマンスが低下します。

すると、iPhoneの起動に時間がかかるほか、アプリの起動や動作が遅くなったり、突然アプリがフリーズしてしまったりすることがあります。

このような症状が出た場合は、バッテリーが劣化している可能性が高いです。

突然、シャットダウンがかかる

バッテリーがまだあるのに、突然シャットダウンがかかることがあります。

頻繁に起きるようであれば、こちらもバッテリー劣化のサインです。

バッテリーのパーセント表示がおかしい

バッテリーの残容量である「パーセント表示」がおかしくなってしまった時も、バッテリーの寿命が近い可能性があります。

充電しているのにパーセント表示が下がったり、逆に急激に数値が上がったりした場合は、バッテリーが劣化している証拠です。

また、使用中において、一気に数十%も減ってしまうといった症状も同様でしょう。

バッテリーが膨張している

使用していると、iPhoneの背面が膨らんでくる場合もあります。

これは、バッテリーが劣化して、膨張しているために起こります。

膨張しているバッテリーを使用し続けると、破裂などの危険があるため、早急に交換を手配するか、もしくは機種変更を検討しましょう。

バッテリーの寿命を延ばすには?

iPhoneのバッテリーは、ちょっとしたコツで寿命を延ばすことが可能です。

その方法を紹介しましょう。

iOSを最新のバージョンにアップデートする

Appleが提供する「ソフトウェアアップデート」の中には、バッテリーの寿命を延ばす、新しい節電技術が搭載されることがあります。

節電機能の活用は、よりバッテリーの寿命を延ばすことにつながります。

そこで、以下の手順で定期的にチェックして、iOSを最新のバージョンにアップデートしておきましょう。

ホーム画面より「設定」アプリを起動し、「一般」→「ソフトウェアアップデート」に進むと、アップデートが可能な場合は「ダウンロードとインストール」が表示されますので、タップして実行しましょう。

極端に高温になる場所を避ける

iPhoneに限らず、アップル製品は周囲温度が16℃~22℃の範囲が、正常に動作する最適な環境として、設計されています。

そして、周辺温度が35℃を超えると、バッテリーに回復不能なダメージを与える可能性が高いため、そのような環境を避けて使用することが、何より重要です。

また、周辺温度が高い環境で充電したり、保管したりすることによっても、バッテリーは劣化する可能性が高まります。

したがって、高温になりやすい車の中での放置や、暖房器具の前での使用や充電は、避けるべきでしょう。

充電しながら使用しない

iPhoneを充電しながら使用すると、バッテリーに負荷がかかり、熱を持ってしまいます。

発熱はバッテリーの劣化につながりますので、充電中の使用は控えましょう。

充電中はケースを取り外す

充電中はできるだけ、ケースを取り外しておくといいでしょう。

ケースに入れたままiPhoneを充電すると、熱がこもってしまい、バッテリーに負荷がかかってしまいます。

充電中、iPhoneが熱くなってきたら、まずケースを取り外しましょう。

長期間の保管時は、50%充電する

iPhoneのバッテリーは、100%での「満充電保存」や、残量0%の状態である「過放電」のまま、長時間放置することによっても、中の素材は劣化してしまいます。

そこで、iPhoneを長く使わない時は、50%まで充電したあと電源をオフにした上で、保管しましょう。

なお、保管する環境は、32℃以下の涼しい場所が適切です。

さらに、半年以上使わない場合は、6ヵ月ごとに50%まで充電しましょう。

まとめ

以上、iPhoneのバッテリー交換のサインと、バッテリーの寿命を延ばす方法について、詳しく解説しました。

劣化してしまったバッテリーは、基本的には元には戻らず、交換となります。

少しでも長くiPhoneを愛用するためには、上に挙げた周辺温度や充電方法など、日々気をつけていくことが大切です。